あなたの「やりたい」を私たちが全力でサポートします

フラットベースとは

多くの方が無料でご利用いただける公的なサービスです

障害のある方が利用できる障害者福祉サービスの一つである就労継続支援には、雇用契約の有無などが異なるA型とB型の2種類があります。当事業所のような就労継続支援B型とは、障害のある方が一般企業への就職が不安、あるいは困難な場合に、雇用契約を結ばないで軽作業などの就労訓練を行うことが可能な福祉サービスのことを言います。ご利用にはサービス利用料が必要ですが、利用料は前年の世帯収入に応じて決定するため、初めて就労される方など、多くの方が無料でご利用いただけます。

フラットベースではさまざまなタイプの「働く」ためのスキル習得を支援します。

フラットベースにおけるサービス「3つの特徴」

  • 01指導員と一緒にステップアップ

    パソコン初心者の方も、操作方法などを丁寧にサポートいたしますのでご安心ください。基本的なパソコン操作からオフィスソフトを使用したデータ入力、さらにステップアップするとオンラインショップの運営なども。まずは無理のない範囲からはじめましょう!

  • 02自分のペースにあった勤務が可能

    基準の勤務時間は9:00〜15:30(休憩含む)です。一般企業への就職を目指すために週5日勤務を目標としていますが、体調などに合わせて出勤日数や勤務時間を調整することも可能ですのでご相談ください。

  • 03働きながらスキルアップ

    フラットベースでは、障害のある方で、体調などの理由で雇用契約を結んで働くことが難しい方が、負担の少ない仕事をしながら就労訓練を行うことができるので、働きながらスキルアップを目指せます。

お仕事内容

PCラボラトリー
パソコンを操作して、図面の作成や動画の編集などのお仕事を行っていただきます。
スキルに応じた業務を行っていただきますので、パソコン初心者の方でもご安心ください。
お仕事の内容
リラクゼーションサロン
フラットベースに併設されたリラクゼーションサロンへご来店されたお客さまへの接客などのお仕事を行っていただきます。
お仕事の内容
地域コミュニティスペース ふらっとスペース
地域の皆さまの交流の場所としてご利用いただける「ふらっとスペース」を併設しています。
このスペースで、会場の設営や接客などのお仕事を行っていただきます。
お仕事の内容

ご利用者さまのタイムスケジュール

新規ご利用者さま募集中

このようなことでお悩みではないですか?

ぜひ一度ご相談ください!

  • 障害者手帳はなくても対象者であればサービス利用可能です

    就労移行支援事業所で就労継続支援B型制度をご利用いただくにあたり、必ずしも障害者手帳が必要というわけではありません。
    自治体により対応は異なりますが、医師からの診断書や定期的に病院に通っているという通院証明があれば就労継続支援B型制度をご利用いただくことが可能です。

  • ご利用料金について

    就労継続支援B型制度の事業所ご利用料金は前年の世帯所得の額により変わりますが、ほとんどの方が、無料で制度をご利用いただけます。※事業所のご利用料金の有無は前年度の世帯所得の額により変わります。

ご利用までの流れ

  • 01.お問い合わせ

    利用をお考えの方、質問したい方は、お気軽にお問い合わせください。
    電話が苦手な方はメールでもお問い合わせ可能です。
    担当の相談員さんがおられる場合は、そちらへご連絡して頂いてもかまいません。

  • 02.見学と相談

    フラットベースの職員からサービス等の説明を受けて、実際の事業所内を見学できます。あなたの興味のあることや悩んでいることなどを、お気軽にご相談ください。

  • 03.体験利用

    実際のお仕事内容を無料で体験できます。
    見るだけでなく体験をすることで、フラットベースやお仕事の雰囲気を体感できます。多くの方が、見学の次に体験を利用されています。

  • 04.市町村への申請

    お住まいの市区町村へ、サービス受給申請をします。福祉窓口で「就労継続支援B型事業所の利用を申請したい」とお伝えください。
    その際に、障害者手帳(ない場合は医師による診断書)の提出を求められることがあります。

  • 05.ご契約

    受給者証が発行され次第、フラットベースと契約を行います。

  • 06.利用開始(受給者証発行)

Instagram
Twitter

お問い合わせ

ご見学・お申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。

078-596-5788

営業時間/8:30〜17:30 
定休日/土・日・祝